モスクワ・テクノポリスの居住者が550ルーブルを投資してデータセンターの容量を増やす
2021-06-23 04:58

モスクワ・テクノポリスの居住者が550ルーブルを投資してデータセンターの容量を増やす

テクノポリス "モスクワ "に入居しているオキシジェン社は、2024年までに5億ルーブル以上を投資して新しいマシンホールを立ち上げる意向であると、首都の副市長ウラジミール・イェフィモフ氏が語った。

"2024年までのペチャトニキ工場への投資額は約5億5,000万ルーブルで、そのうち約3億9,000万ルーブルを設備投資に充てる予定です。その結果、データセンターの容量は40%増加する予定です」と述べています。

現在、同社のデータ処理センター(DPC)の面積は2,700平方メートルだが、2024年には4,000平方メートルに拡大する。このセンターには、生産施設、研究室、管理施設が入る予定です。さらに、サーバー機器、データストレージ、アレイ処理に対応するため、ラックの数も増やす予定です。

オキシジェン社は、自社の商用データセンターの構築から、クラウドプラットフォームや仮想ITインフラの開発まで、あらゆるITサービスを提供しています。昨年、シンガポールでクラウドプラットフォームの提供を開始しました。

経済特別区テクノポリス・モスクワは、5つの敷地で構成され、総面積は220ヘクタールを超え、180社以上のハイテク企業が進出しています。現在、複数の企業の5つのデータセンターが稼働しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova