2021-06-24 11:58

"Yandex "と "Made in Russia "が戦略的パートナーシップに合意

Roscongress FoundationのMade in Russia Trading Houseは、同国最大のIT企業であるYandex社と戦略的パートナーシップに関する契約を締結しました。この交流の一環として、ロシアの貿易、経済、観光、文化の可能性を促進するためのデジタルエコシステムが構築されます。

合意書には、Roscongress FoundationのディレクターであるAlexander Stuglev氏、Yandex in RussiaのジェネラルディレクターであるElena Bunina氏、Yandex.CloudのジェネラルディレクターであるOleg Koverznev氏、Roscongress Foundationの「Made in Russia」トレーディングハウスのジェネラルディレクターであるMikhail Sadchenkov氏が署名しました。

このデジタル・エコシステムは、ヤンデックスの技術的なソリューションとコンピテンシーに基づいて構築されます。これにより、パートナーネットワークの枠組みの中で開催される、ロシア国内および海外市場におけるロシアメーカーの輸出ポテンシャルに特化したビジネスイベントのプロモーションを改善することが可能になります。現在、このネットワークには75カ国から155社のパートナーが参加しています。

さらに、ヤンデックスは、「Made in Russia」プロジェクトの機能拡張を支援し、最先端のITソリューションを用いたビジネス支援システムの構築を支援します。ヤンデックスのサービスは、プロジェクトの認知度を高め、それに伴いロシアの製造業の可能性を高めるとともに、分析調査や共同プロジェクトの立ち上げなどにも活用されます。

"Yandexグループは、ロシアを代表する情報企業であり、様々なサービスを開発しているリーディングカンパニーです。ヤンデックス社の技術・情報ソリューションを利用することで、デジタル化の分野で多くのプロジェクトを実施することができます。また、パートナー国との文化的・人道的協力や貿易・経済協力の発展のためのプロジェクトを支援することや、ロスコン財団がシステマとともに設立したロシアの民芸品分野の発展のための統一的な貿易事務所を支援することにも合意しました」と、ロスコン財団の理事長兼ディレクターであるアレクサンダー・ストゥグレフは述べています。

Made in RussiaのCEOであるミハイル・サドチェンコフは、プロジェクトの活動に新しいデジタルソリューションを導入することで、ロシアのメーカーのプロモーションを強化することができると指摘しています。

"私たちの仕事は、企業が海外市場を含めた新しい顧客、パートナー、投資家を見つけるのを支援することです。今日、高品質で効果的なプロモーションは、デジタルソリューションなしには不可能です。したがって、ロシアの巨大IT企業であるYandexとのパートナーシップは、これらのプロセスを改善し、企業家を最高のレベルでサポートするのに役立ちます。その一方で、Made in Russiaは、自社のIT製品やサービスのプロモーションにおいて、同社に情報面でのサポートを提供します」と、ミハイル・サドチェンコフは述べています。

"Made in Russia "は、国内向けビジネスのためのデジタル取引プラットフォームであり、メディアプラットフォームでもある。公式に登録されたメディア(madeinrussia.ru)を持つMade in Russiaビジネス情報機関と、国外で商品やサービスを販売・宣伝するトレーディングハウスで構成されています。すべての情報は一度に12カ国語で放送されます。このプロジェクトの視聴者は、114カ国からの7万人を超える読者です。SistemaとOtkritie Financial Corporationがこのプロジェクトのパートナーです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ