メイド・イン・ロシア」プロジェクト参加者の住宅団地が「グリーン」基準を取得
2021-06-29 12:37

メイド・イン・ロシア」プロジェクト参加者の住宅団地が「グリーン」基準を取得

メイド・イン・ロシア」プロジェクトに参加しているベスト・ノボストロイ社の住宅団地「アクイロン・ベサイド」が「グリーン」基準を取得したと、同組織のウェブサイトに掲載された。

"ベスト・ノボストロイは、アクイロン・ベサイドの住宅団地がグリーン・ズームの金賞を受賞したことを発表します」との声明を発表し、グリーン・ズームのステータスは、設計ソリューションがエネルギー効率、環境への配慮、水効率の高い基準を満たしていることを確認するものであるとしている。

これにより、この集合住宅の居住者は、光熱費を節約することができます。

Аквилон BESIDE - Фото 8

建物のエネルギー効率を向上させるために、彼らは独自のTermo-S技術を使用しました。Termo-S技術とは、壁と屋根の断熱材を追加し、建物内に個別の暖房装置を設置することです。また、アルゴン充填と選択的コーティングを施したエネルギー効率の高い窓の設置や、エネルギー回収機能を備えたリフトの設置なども行っています。

"これらの対策により、建物の熱損失を50%削減することができます。将来的には、Termo-S技術を使用して建てられた住宅の居住者は、光熱費を最大40%節約することができます」と同社は述べています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova