Molochnaya Kultura社が設備購入のために5億8600万ルーブルーブルの融資を受ける
2021-06-29 05:27

Molochnaya Kultura社が設備購入のために5億8600万ルーブルーブルの融資を受ける

レニングラード州の乳製品メーカーであるミルクカルチャー社は、5億8600万ルーブル相当の融資を受け、そのおかげで新しい設備を購入し、生産量を3分の1に増やすことができるとSMEコーポレーションのプレスサービスが伝えた。

一般的に、生産の近代化と開発には10億ルーブル近くが必要とされている。

"現在、私たちはクリームチーズ、カッテージチーズの生産拠点を作るプロジェクトを実施しています。新しい作業場が建設され、機器の設置場所も作られました。酪農文化社のオレグ・コルジ社長は、「賞味期限の長い輸入代替品という新しいタイプの製品によって、販売地域の拡大や新しい製品市場への参入が可能になる」と述べ、今年末に生産を開始する予定だと語った。

新ラインの立ち上げ後、生産量は1日あたり50トンから63.5トンに増加します。

同社の製品構成は、デザート、ヨーグルト、ケフィア、牛乳、サワークリーム、カッテージチーズなどで、「Dairy Culture」と「Bio Culture」のブランドで展開しています。昨年の売上高は、7%増の7億5400万ルーブルでした。

酪農家は1.4千頭以上の牛を飼っており、約2千ヘクタールの畑で飼料を生産しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova