メイド・イン・ロシア」参加者がハンガリー企業との協力に合意
2021-06-30 03:21

メイド・イン・ロシア」参加者がハンガリー企業との協力に合意

アグロプラズマ社のチーフブリーダーであるNikolay Benko氏は、ロシアでトウモロコシの交配種で有名なハンガリーの育種・種子会社ウッドストック社と科学的協力についてのミーティングを行ったと同社のウェブサイトに掲載されている。

"成功する育種会社は、継続的な科学的協力なしには存在しません。成功する育種会社は、継続的な科学的協力なしには存在し得ません。このようにして初めて、新しい生殖細胞、つまりハイブリッドを生み出すための新しい「血」が生まれるのです。交渉の過程で、評価とさらなる協力の計画のために、トウモロコシの交配種を共同で試験することに合意した」とアグロプラズマ社の声明は述べている。

国内企業は、アグロプラズマが常に協力のためにオープンであることを強調した。

会談は、ハンガリーからの代表団がクラスノダール地方を訪問した際に行われました。

現在、アグロプラズマ社は、完成した種子材料の生産と販売、および新しいハイブリッド品種の選定の点で、ハイブリッドヒマワリ、ソルガム、トウモロコシ種子のロシアの主要生産者の1つです。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova