ロシア人科学者がコロナウイルスを殺す空気清浄機用ナノ膜を開発
2021-07-06 11:14

ロシア人科学者がコロナウイルスを殺す空気清浄機用ナノ膜を開発

スコルコボ科学技術研究所(スコルテック)のフォトニクス・量子材料センターの科学者たちは、コロナウイルスを含む人体に危険なウイルスを殺すことができるナノ膜を開発したと、スコルテックに言及して「イズベスチヤ」が報じている。

このナノメンブレンは、空気清浄機のフィルター用に設計されています。開発者の説明によると、この発明は、浄化と消毒の2つのプロセスを組み合わせた普遍的なものだという。殺菌プロセスは、空気中で膜を300〜400℃に加熱することで行われ、ウイルスの除去には100〜120℃で十分であるという。

科学者たちは、これに相当するものは世界に存在しないと主張している。この装置は、病院、飛行機、電子機器製造施設、公共交通機関など、人が多く集まる場所であればどこでも使用することができる。将来的には、標準的なルームエアコンに組み込むことができると開発者は考えています。

Made in Russia // Made in Russia

著者カリーナ・カマロバ