モスクワの中小企業からの購入の割合は、2021年にはほぼ45%になっていました。
2021-07-07 11:05

モスクワの中小企業からの購入の割合は、2021年にはほぼ45%になっていました。

モスクワの中小企業からの購入額の割合は、2021年6ヶ月間の時点で44.8%であったと、首都政府が発表した。

このように、モスクワは、先週改正された連邦法「国家および地方自治体のニーズのための物品、作品、サービスの調達分野における契約システムについて」の要件を満たす準備ができていると当局は述べている。

"公共調達は常に経済を支える有効な手段の一つであり、中小企業が果たす契約の割合を増やすことは、パンデミックの際にこれらの企業を支援することにつながります」。モスクワは、ロシア連邦の調達総額の15%を占めており、ロシアの調達システムの6ルーブルごとに、モスクワの顧客のニーズを満たしています。モスクワ政府の発注は、ロシアのあらゆる地域の企業によって行われているため、我々は計画的に中小企業への発注を優先的に行っています」と、ウラジーミル・イェフィモフ副市長の言葉がmos.ruポータルに掲載されています。

新法では、中小企業への発注比率を15%から25%に引き上げなければならない。入札手続きのドキュメントフローは電子化され、サプライヤー選定の競争方法は3つに減らされます。この法律の主な規定は、2022年1月1日に施行される。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ