2021-07-07 04:57

"The batons are off": 当局は企業に対する検査のやり方を全面的に見直した

ロシアでは、統制・監督活動の改革に関する法律(CSR)が導入された。ロシア当局や公的活動家によると、企業と監督機関の間の相互作用の論理を劇的に変えるものだという。しかし、企業家たちは、規制機関の元従業員たちが居座る限り、世界的な変化は起こらないと考えている。改革の主な条項については、「Made in Russia」の記事をご覧ください。

防止 vs. 罰罰則

経済開発省のアレクセイ・ヘルソンツェフ副大臣は、今回の改革は、企業の管理負担を軽減すると同時に、管理・監督活動の効率を高めることを目的としていると述べた。

"この文書は、その後の地方自治体の管理規則の変更の枠組みを定める重要な文書です。これは、検査から違反の予防へと焦点を移すためのもので、各機関の活動の文化を変えるものです。管理機関の活動における違反の防止は、罰よりも優先されるべきであり、罰はそれ自体が目的ではありません」とKhersontsev氏は述べている。

また、ロシア大統領の下で企業家の権利に関する公的オンブズマンを務め、Opora Rossiiの第一副会長であるMarina Bludyan氏は、法律の3分の2は予防であると指摘した。

"私たちは、裁判所という永遠の闘いをしていました。私たちは追いつめられ、その後、何か悪いことをしたら、コントローラーに追いつめられます。そして今、私たちはハンターとゲームから、公共の安全のレベルを達成するために協力する同僚へと変わりつつあります。ビジネスマンは普通の人として認識されているし、コントローラーも警棒を持って走り回るのではなく、安全のレベルに到達するために努力する普通の人として認識されている」とBludyan氏は語った。

また、同氏はこの法律が厳格な論理、つまりリスクベースのアプローチであることを指摘した。"この法律には、私たちがずっと前に夢見ていたものが含まれています。支配下にある人の善意の評価です。それは、リスクカテゴリーに影響し、リスクカテゴリーは検査の頻度に影響します。誠実に行動し、オープンに交流していれば、安全に低いリスクカテゴリーに移ることができ、その分、検査の回数や苦情への対応も少なくなります」と説明しています。

"改革は現場に降りてくる必要があるのです」。

モスクワの外食産業を担当するセルゲイ・ミロノフ氏は、CNDの改革を全面的に支持していますが、重要な点は検査官の内部のモチベーションであると強調しました。

"検査官のメンタリティを徐々に変えていく必要があります。我々は企業を助け、彼らをサポートする必要がある。捕まえて罰するのではなく、予防することが重要です。今回の改革では、検査官のアプローチを変えるべきだとしている。しかし、チェックする人たちの頭を何とかしなければならない。彼らは他のことに気をとられています。彼らを変えなければならない。羊飼いのように企業家に身を投じて、かじり始める人間を排除しなければならないのだ。そのような人は非常に多く、私も毎日のように遭遇します。助けようとする人もいますが、ほとんどの人は罰しようとしています。ミロノフは、「この改革を現場に落とし込む必要がある」と述べ、このようなハードワーカーには制裁を科すべきだと語った。

また、ミロノフは、特に外食産業が抱える問題にも注目した。

"リスクベースのアプローチと計画的な検査の制限、これは素晴らしいことです。しかし、予定外の検査の問題を解決することに意味があります。予定外の検査については、毎日何十件もの訴えがあります。私たちのビジネスでは、いわゆる健康被害が発生する可能性があるため、実際には制限されていません。そのため、次から次へと検査が行われます。彼らはチェックされません。その場で何かしなければならない」と専門家は言う。

しかし、Khersontsev氏は、「管理機関の文化のパラダイムシフト」は、時間のかかる大変な作業だと指摘する。

"しかし、すべてのアイデアが実行され、経済や起業家にとっての事実が深刻になることを期待しています。それにはCAOの調整が不可欠です。そして、経済界から出てくる次の問題は、その調整の要求です」と付け加えた。

一方、ブルディアンは、法律では統制・監督機関の有効性を毎年評価することが定められていると指摘した。

"そして、この評価は、実施されたチェックの数や徴収された罰金の額では数えられないことが、法律に直接明記されている。"スティックスシステムは中止されます」と断言しました。

首都圏の起業家の権利保護を担当するコミッショナーのタチアナ・ミネエバ氏は、首都圏のビジネスはすでにポジティブな変化に気づいていると報告した。

"今年の7月1日には、1年前に採択された管理・監督活動の改革に関する法律が発効しました。この目的のために、ロシア連邦の132の法律が変更されました。モスクワのビジネスマンはすでにその違いを感じている。モスクワには772,000社以上の中小企業があります。これは、ロシア全体の中小企業の約13%にあたります。今年、CNDが受け取った苦情は24件、昨年は91件でした。年末には大きな変化が現れるだろう」と語った。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ