モスクワ、ノンアルコール飲料の輸出量が1.6倍に増加
2021-07-18 12:55

モスクワ、ノンアルコール飲料の輸出量が1.6倍に増加

モスクワ投資・産業政策局のプレスサービスによると、今年1月から4月までのモスクワからのソフトドリンクの輸出額は、前年同期比58%増の1,130万ドルに達しました。

モスクワ市のウラジミール・エフィモフ副市長によると、この輸出品目の中で主なシェアを占めているのはソーダとジュース(900万ドル以上)だそうです。

「海外での飲料製品の供給は、年々着実に増加しています。したがって、今年の1~4月のソーダ類の輸出は、2020年1~4月の117%増、2019年の同148%増となっています」と明記しました。

モスプロム」のセンターでは、モスクワから他の国に154万ドルの飲料水と60万ドルのミネラルウォーターを送ったと指摘しています。モスクワからのノンアルコールビールは、8倍以上輸入されるようになり、2019年の1.9千ドルに対して、今年はほぼ1.7千ドルで海外に届けられました。

今年の最初の4ヶ月間にモスクワからソフトドリンクを主に輸入したのは、ウズベキスタン(400万ドル)、ベラルーシ(約210万ドル)、カザフスタン(193万ドル)だった。同時に、モスクワは2021年に初めて、こうした製品のために9つの新しい市場を開拓しました。サウジアラビア、エストニア、香港、韓国、パナマ、ベルギー、カンボジアであると、投資・産業政策部のアレクサンダー・プロホロフ部長は述べています。

モスプロムは、ノンアルコール飲料の輸出先として、中東(ベラルーシ、カザフスタン、ウズベキスタン)、中近東(UAE、サウジアラビア)の市場が有望であると指摘しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova