メイド・イン・ロシア」参加企業がロシアのIT企業トップ10にランクイン
2021-07-21 02:24

メイド・イン・ロシア」参加企業がロシアのIT企業トップ10にランクイン

格付け会社RAEX-Analitikaによると、Made in Russiaプロジェクトに参加しているICLグループは、約135億ルーブルの収益を上げ、ロシアのIT企業のトップ10に含まれました。

ICL社は、同社のウェブサイトに掲載された声明の中で、「前年と比較して、ICL社は2つ順位を上げ、17%の収益成長のダイナミクスを示した」と述べています。

また、同グループは、国内の機器製造組織の中で再び1位となりました。また、流通部門では第5位、ITサービスおよびソフトウェア開発部門では第9位、統合プロジェクトのための機器およびソフトウェアの供給部門では第11位となりました。

同社によると、ICLはボルガ地方で唯一、トップ10にランクインした企業であり、評価で指摘された2大地域企業の1つでもあります。モスクワ、エカテリンブルグ、オムスク、サンクトペテルブルク、ペルミ、ウリヤノフスク、イノポリス、ニジニ・ノヴゴロドの計46社が、情報通信技術分野における国内最大のグループ・企業のリストに入った。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova