クレムリンRDIFはスプートニクVの納入に関してアルゼンチンと連絡を取っている
2021-07-23 12:42

クレムリンRDIFはスプートニクVの納入に関してアルゼンチンと連絡を取っている

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官が記者団に語ったところによると、ロシア直接投資基金(RDIF)は、スプートニクVワクチンの供給プロセスを解決するために、アルゼンチン当局と接触しているという。

これに先立ち、ラ・ナシオン紙は、アルゼンチンのセシリア・ニコリーニ大統領顧問がRDIFに宛てた書簡を紹介し、ロシア製ワクチン「スプートニクV」の供給が遅れたことが同国の危機的状況を招いたと書いた。ニッコリーニ氏によると、アルゼンチンは7月にスプートニクVの第1成分550万回分、第2成分1,310万回分を受け取っていないという。同氏は、他の供給者が義務を果たしていることを指摘した上で、ロシアとの契約は終了の危機にあると述べた。

この状況について、ドミトリー・ペスコフ氏は、供給の状況は "後退ではなく、遅延である "と指摘した。

"多くのハードワークが行われています。あなたは常に、ロシア人のワクチン接種のニーズを満たすことが最優先であると言ってきた」とペスコフ氏は記者団に語った。

国家元首の報道官は、RDIFが「発生した問題を必然的に解決するために」相手と接触していることを強調した。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ