EAEUには単一の国際貿易業者が登場する
2021-07-23 03:55

EAEUには単一の国際貿易業者が登場する

ユーラシア経済連合(EAEU)は、統一された税関通過システムを立ち上げる予定です。EAEUによると、これにより貿易の制限が取り除かれ、加盟国と第三国との交流プロセスが迅速化されるという。

ユーラシア経済委員会のセルゲイ・ウラジミロフ関税法・法執行実務部部長は、貿易は市場環境における各国の発展の主な手段になると強調した。

「我々は、税関通過の統一システムの要素の改善を含む国際条約案の準備を始めており、第三国の加盟を検討しています。これは主に、電子文書の流れ、航海用シールの使用の可能性、電子メカニズムの改善、機関間の情報交換などです。参加者は、連合の貨物輸送と通過の可能性を高めることができるでしょう」とVladimirov氏は語った。

また、この作業の一環として、税関の代表者の権利を持つ国際貿易事業者という新たな機関の創設も期待されていると、同部長は語る。

"インターネット・サイトから商品の申告や情報提供を行う機能を持つことになる。監督官庁にとっても個人にとっても便利なものになるでしょう。このニュアンスは、商品の税関申告の時間を短縮するでしょう」と専門家は説明する。

同氏によると、顧客は買い物をする際に特に変化を感じることはないという。「サイト上で特定の商品を検討する際に、どの運送会社を使って商品を預けるかを決定する際に、電子商取引のオペレーターも存在することになり、当初はそのサービスが商品代金に含まれることになります」とウラジミロフは言います。

「さらに、"5"(EAEC加盟国)が承認した技術規則に準拠した商品をインターネットサイトに掲載することも想定されている。また、インターネットサイトでの情報取得、税関への貨物情報の提供、貨物の受取・発送などの手続きを代行するオペレーターも設置されています。

このツールは商品の受け取りの可能性を加速させるでしょう」と彼は断言した。

ユーラシア経済委員会関税協力担当大臣のマクサット・マミトカノフ氏は、ユーラシア空間には優れた通過機会があると指摘しました。「控えめに言っても、それを利用しないのは間違っています。現在、我々の税関部隊は、税関規制や商品・サービスの移動に関する共通の基準を準備する規制の枠組みを準備している」と述べた。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ