アルゼンチンへのスプートニクV納入に関するRDIF社の見解:契約の修正や解除の問題はない
2021-07-23 09:48

アルゼンチンへのスプートニクV納入に関するRDIF社の見解:契約の修正や解除の問題はない

ロシア直接投資基金(RDIF)は、スプートニクV型コロナウイルスに対する国産ワクチンのアルゼンチンへの供給をめぐる状況についてコメントしました。

これに先立ち、新聞 La Naсion アルゼンチン大統領の顧問である CeciliaNiccolini氏がRDIFに宛てた手紙を引用して、7月にアルゼンチンがスプートニクVの第1成分550万回分と第2成分1,310万回分を受け取っていないと書いています。同氏は、ロシアとの契約が打ち切られる危険性があると述べ、他のサプライヤーは義務を果たしていると指摘した。

その後、大統領府の報道官が、RDIFは発生した問題を規制するために、契約者と連絡を取っていると述べた。また、今回の供給状況を「混乱ではなく、遅延」と表現し、「ロシア人のワクチン接種のニーズを満たすことが最優先である」と付け加えた。

RDIFは、アルゼンチンの保健大臣が、ロシアへのワクチン供給契約に基づく作業を開始したと発表したことを歓迎します。ロシアのワクチン供給契約に基づく作業 Sputnik V" RDIFは、ロシアのワクチン「スプートニクV」の供給契約に基づく作業は継続されており、再交渉や中止の予定はないというアルゼンチンの保健大臣の声明を歓迎する。スプートニクを使用したポジティブな経験 V「スプートニクVはアルゼンチンで生産されており、新型コロナウイルス感染症に対する最もポピュラーなワクチンの1つであるロシア製ワクチンの優れた安全性と効率性が実証された。

同基金は、スプートニクVの継続的な供給に積極的に取り組んでいると述べています。 V”.

メイド・イン・ロシア // メイド・ イン・ロシア

著者Ksenia Gustova