スプートニクVの生産は、アルゼンチン、インド、PRCでのローカライズにより9月に増加する
2021-07-23 09:58

スプートニクVの生産は、アルゼンチン、インド、PRCでのローカライズにより9月に増加する

コロナウイルス感染症に対するロシア製ワクチンは、他国での生産の現地化により、9月から大量に生産されることになると、ロシア直接投資基金(RDIF)のプレスサービスが発表した。

"スプートニク "の生産量増加 V”は、早ければ2021年9月に行われる。多くの国での生産の現地化のため、アルゼンチン、インド、中国、韓国、その他多くの国で、追加の生産施設が間もなく稼働する」との声明を発表した。

これ以前にも、メディアはアルゼンチンへのスプートニクVの供給が遅れていることを報じている。また、6月下旬には グアテマラのアメリア・フローレス保健大臣は、納品の遅れを理由にロシアにスプートニクVのワクチン購入代金の返金を求めていると述べた。その後、RDIFは、2機のフライトがまもなく同国にワクチンを届けると発表した。

メイド・イン・ロシア // メイド・ イン・ロシア

著者Ksenia Gustova