8月9日より、モスクワ発の飛行機がエジプトのリゾート地に就航します。
2021-07-23 11:48

8月9日より、モスクワ発の飛行機がエジプトのリゾート地に就航します。

8月9日より、ロシアはエジプトのリゾート地であるハルガダとシャルムエルシェイクへのフライトを再開すると政府のウェブサイトで発表しました。

また、ドミニカ共和国、モルドバ、バーレーンへのフライトも開始されます。

「8月9日より、モスクワ-ハルガダ、モスクワ-シャルムエルシェイクのエジプト路線を、各路線週5便のペースで増便します」とのことです。

増便の決定は、ロシア代表団がエジプトを訪問し、疫学的状況を調査した後に行われると運用担当者は述べています。

8月9日からバーレーン、ドミニカ共和国、モルドバへのフライトを再開したほか、シリアへのフライトも増便する予定です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova