クラスノダール地方で革新的なバイオプレパラートのテストプログラムを開始
2021-07-26 02:17

クラスノダール地方で革新的なバイオプレパラートのテストプログラムを開始

クラスノダール地方は、農業用の革新的なバイオ製剤をテストするプログラムを開始した。

Veniamin Kondratiev知事は、この地域では、土地の肥沃度を維持し、環境に優しい製品の生産に貢献できる技術が必要だと述べた。

コンドラティエフ知事によると、このプログラムでは、小麦、ひまわり、とうもろこし、りんご、じゃがいも、米、大豆について、国内で開発された技術の効果を調査します。期待される効果は、病気や害虫からの保護、免疫力の強化、植物の収穫量の増加です。

"そのため、この地域では全国に先駆けて土壌肥沃度保全に関する法律を制定しました。牛の飼育に関しては、ミルクの質が飼料に直結することが知られています。そのためには、安全な飼料添加物を製造する技術が必要です」とコンドラティエフは言う。

このプロジェクトには、「Yuzhnye Zemli」社、「Alma Holding」社、農業会社「Vesna」社、「Resurs-AgroBusiness」社、「Vozrozhdenie」社、SPK「Shturbino」社、IE Khunagova社、KubGAUの「Kuban」トレーニングファームなどが参加することが知られています。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコバ