アナパにエノロジカル・ツーリズム・センターが開設された
2021-07-26 04:21

アナパにエノロジカル・ツーリズム・センターが開設された

エノロジカル・ツーリズム・センターの最初の施設がアナパにオープンしました。これは、クラスノダール地方のリゾート・観光・オリンピック遺産省のプレスサービスが伝えたものである。

この施設は、Vinogradnoye村にある、レーニンの名を冠した農業生産協同組合という、最も古いブドウ栽培とワイン醸造の企業の跡地に建設されている。

開発者はアリアンです。現在、ワイン製造と博物館の複合施設、会議場、コンサートホール、パークゾーン、スタジアムなどが建設されています。

また、2,000ヘクタールの敷地には、古典的な種類のブドウが植えられており、年間約100万本の生産能力を持つ新しいワイナリーの原料となります。

このエノロジカル・ツーリズム・センターをベースにして、ロシアワインのマーケティングのための国家機関「WE are Russian wine!

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ