トルコの投資家は、ロシアに約100億ドルを投資しています。
2021-07-29 04:00

トルコの投資家は、ロシアに約100億ドルを投資しています。

トルコの組織や企業がロシアに投資した金額は約100億ドルで、そのうち25億ドルがタタルスタンに投資されたと、トルコのメフメット・ムッシュ貿易大臣が「Russia - Islamic World」というサミットで述べました。KazanSummit - 2021".

「トルコの対ロシア投資額は100億ドルで、そのうち25億ドルはトルコ企業がタタルスタンに投資したものである」とムシュ氏はサミットの全体会議で述べた。

彼は、トルコにはタタールスタンとの協力関係に興味を持つ企業や投資家が多くいると指摘した。

"我々は、多くの建設会社がロシアで働きたいと思っていることを知っている。トルコの建設会社は、建設プロジェクトに800億ドルを投資しています。我々は(タタールスタン共和国との間で)10億ドルの売上高を達成するという目標を持っている」と大臣は語った。

ロシアとイスラム協力機構(OIC)加盟国の国際経済サミット「ロシア-イスラム世界。KazanSummit - 2021」が7月28日から30日までカザンで開催されます。このサミットは、ロシアとOIC加盟国との間の貿易、経済、科学、技術、社会、文化の結びつきを強化することを目的としています。2021年のフォーラムのキーワードは「コンシャス コンサンプション」で、ビジネスプログラムの主なテーマは、パートナーファイナンス、ハラル産業、青年外交、医療、スポーツ、クリエイティブ産業、輸出開発、起業、投資などです。このイベントの会場では、ロシアハラルエキスポや機械工学クラスターフォーラムも開催されています。2019年のサミットには、72の国とロシアの38の地域から3.5千人の代表者が参加しました。今年は60か国から2.5千人以上がサミットに参加しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ