負の失業率:企業は地方に人を留め置くよう当局に要請
2021-07-30 04:15

負の失業率:企業は地方に人を留め置くよう当局に要請

地方からの人口流出は、ロシアの潜在的な生産力に悪影響を及ぼす。エッセン・プロダクション」のレオニード・バリシェフ社長によると、同社はザカミエの負の失業問題に積極的に注目しており、この問題の解決に向けて当局の支援を期待しているという。

「今日、この地域の労働市場には大きな問題があります。これは、経済自由区域やナベレジヌイェ・チェルヌイの高度な社会経済的発展の領域に、新しい生産施設が絶えず開設されていることに起因する」とバリシェフは考えている。

しかし、工場で働く人はいない。専門家は大都市に逃げている。"そして、複雑な機器を手に入れれば手に入れるほど、問題が増えていくのです。トレーニングの時間が増え、トレーニングの時間が増える。機械を操作できる人は常に貴重な存在なのだ」と指摘する。

労働者を惹きつける唯一の手段は、給料を上げることだけです。「今は、賃金で競争しなければなりません。これが私たちの唯一の手段です。8月1日からは、年末年始を乗り切るために必要な専門分野の賃金を、再び10%から20%に引き上げることにしました」と起業家は語る。

しかし、人材確保の「戦争」も問題解決にはならない。2つの選択肢の間で「カザンで月2万5千円の風船を売る」か、「エラブガに住んで4〜5万円の給料をもらう」か、若者は前者を選ぶ。「問題は複雑です。同じカザンでも、例えばエラブガと首都では、社会環境に大きな違いがあります。カザンで5年間過ごした若者は、この地域に戻りたがらないのです」と説明した。

同氏によると、地方の予算の飽和度を高めることが必要だという。「我々だけでは問題を解決できない。我々だけでは問題を解決できない。公共スペースを改善し、教育システムを改善し、地方での生活をより快適にする必要があるのだ。そうすれば、若い人たちを確保することができます。だからこそ、私たちは定期的に公共の場で高いレベルの議論をしているのです」と企業のトップは強調する。

また、他の地域からの再定住プログラムも期待されている。「バシキリアやウドムルティアからも人が来ています。しかし、この地域に来た人たちのためにインフラを整えることが必要です。エラブガでは、建設中の新しい家に社会的な住宅ローンを提供することを規定しています<...>すぐには解決できませんが、私たちは計画を立てていますので、動き出します」とバリシェフは締めくくった。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ