MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
インタビュー

おばあちゃんのようなエッチポッチマキ:タタール人レストランチェーン「Tyubetei」の共同設立者へのインタビュー

おばあちゃんのようなエッチポッチマキ:タタール人レストランチェーン「Tyubetei」の共同設立者へのインタビュー

カザンに住んでいる人でも、地元のレストランチェーン「Tyubetei」でタタール料理を食べたことがない人はまずいないでしょう。これは、ロシアで最初のタタール人向けハラル・ファーストフード・チェーンです。このブランドのチームは、「大好きなエッチポックマックを全世界に食べさせ」、「魂のこもった生活態度を人々に伝え」、「タタールの文化、価値観、良き伝統を広める」ことを使命と考えています。

ロシア・イスラム世界サミット」の開催期間中ブランドの共同設立者であるスルタン・サフィン氏は、「Tyubetei」はすでにレストランビジネスを超えて、タタール人のルーツを持つハラルブランドのエコシステム全体を皆のために立ち上げていると述べました。Made in Russia編集部は、この若き起業家に話を聞き、ブランドの成功の秘訣、投資家への展望、Tyubeteiのロシアでのスケールアップの計画などを探った。

- このような業態のレストランを開こうというアイデアはどのようにして生まれたのですか?

- 2011年、マクドナルドがロシア市場を積極的に制覇し、人々がアメリカの幸福感に包まれていた頃に思いつきました。それを見ていた私たちは、私たちの料理が問題視されていることに気づき、イスラム教を信仰するタタール人である私たちがそれに傷ついていることを知りました。自分たちで何かを作る時が来たのだと思いました。そして、タタール料理の運命に無関心ではない志を持った人たちが集まり、「Tyubetei」のコンセプトを形成したのです。

主なアイデアは、私たちの国の料理を取り上げ、その模範的な味を取り戻すことでした。私たちは祖母のレシピに立ち返りました。あのエキポックマックのレシピを見つけるのに、たった3ヶ月しかかかりませんでした。そして、その味を見つけたとき、私たちはパッケージに取り掛かりました。

- チェーン店はどのように進化してきましたか?

- 2015年にスタートしました。最初はパビリオンからスタートし、2017年にはタタールスタンの歴史上初めて、カザンの歴史的中心部にナショナル・ファーストフード・レストランをオープンしました。タタールスタン共和国大統領のルスタム・ヌルガリェヴィチ(ミニハノフ-編)が一行を引き連れてやってきたのですが、これにはショックを受けました。私たちは大統領府に招待状を書いただけなのに、彼らは私たちを支持して来てくれたのです。私たちの政府はとてもオープンです。

その瞬間から、私たちはネットワーク全体を開設しました。今では7つの店舗があり、タタール料理を提供していますが、それと並行して、T-Family(企業グループ)のT-food部門であるハラールのハワイアン料理「ポケソウル」のネットワークも展開しています。この6年間で100万個以上のポケソウルを作り、50カ国のお客様に私たちの料理を食べていただきました。共和国の代表団と共に、世界各地で25回以上の展示会を開催し、タタールスタン共和国の若い美味しいブランドとしての地位を確立しました。これまでに300万人以上の人々が訪れ、6億ルーブル以上を託されてきましたが、この数字は常に増加しており、何千人もの人々が私たちの前を通り過ぎていきます。「Tyubetei」は私たちの母国のブランドであり、私たちの故郷と愛国心を表しています。街中で子供を連れた家族が、アメリカのロゴではなく、私たちの母国のロゴを持って歩いているのを見ると、とても興奮します。

- パンデミックはあなたの仕事にどのような影響を与えましたか?

- 何かユニークな経験をしました。最初はとても怖い思いをしました。そして、パンデミックがまだカザンではなく、海外の友人たちにまで及んだとき、私たちはすぐに集まり、「嵐」を起こし始めました。私たちはすぐに会社の構造を変えました。ロックダウンの間、経営陣は役割を変え、全員が狭い方向に向かって運転するようになったのです。

パンデミック中に営業していたのは1店舗だけで、しかもそれは持ち帰り用だったにもかかわらず、長くても3ヵ月で完全に回復しました。つまり、デリバリーが禁止されていた期間に20倍の成長を遂げたのです。パイのデリバリーは常に行っていましたが、あまり力を入れていませんでした。しかし、その前に、ハラルの半製品を1週間で卸売り価格で提供するデリバリーを開始したところ、街の人々に大変喜ばれ、従業員にも仕事が与えられ、皆が仕事をしていました。レストランがオープンしたことで、私たちはかなり早く数字を回復しました。2020年7月の時点で、2019年の数字を超えています。これは何かの奇跡に違いありません。自分たちでも予想していませんでした。

- ロシアでの規模拡大の計画はありますか?

- そのような計画はあります。今は7つのサイトがありますが、近々、カザンの中心部に2つのサイトをオープンする予定です。また、ショッピングセンターにも1つオープンする予定で、年内にはさらに3つのサイトをオープンする計画を立てています。

今年は、ムスコビアの人々に私たちのブランド、私たちの味を提供することに挑戦したいと思っていますが、今のところ具体的なことは決まっていません、もっと近づいて考えています。私たちの仕事は、タタール料理やハラール料理をみんなに食べてもらうことです。ですから、もちろんロシアの他の都市にもブランドを拡大しようとしています。

- フランチャイズの場合、投資や開店の経緯について教えてください。

- 市街地にあるレストランという大きなプロジェクトへの投資額は約1,500万ルーブルで、3年で元が取れます。2020年には、2017年にオープンしたレストランが元を取りました。利益については、レストランは月に最大70~80万ルーブルを投資家にもたらします。

私たちはフランチャイズではなく、パートナーシップで出店しています。私たちは起業したばかりの頃にそのような経験をしました。B2Cビジネスは非常にデリケートで、タタール料理は複雑なので、このような形態では私たちの料理の味やブランドが大きく損なわれることに気づき、自分たちで管理することにしました。つまり、投資をしてくれるパートナーのチームを引き受けることはできますが、運営管理はすべて私たちに任されているのです。彼らは地域開発ディレクターとして働き、私たちはマーケティング、生産、管理などすべての作業を行います。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ

0