スプートニクVとアストラゼネカの組み合わせは重篤な副作用を引き起こさない - RDIF
2021-07-30 04:29

スプートニクVとアストラゼネカの組み合わせは重篤な副作用を引き起こさない - RDIF

アストラゼネカ社の2種類のコロナウイルスワクチンと国産医薬品スプートニクVの第1成分を組み合わせた世界初のワクチンは、重篤な副作用を引き起こさない。これは、ロシア直接投資基金(RDIF)が、試験の中間結果を参照して報告したものです。

研究内容 2月にアゼルバイジャンで開始された安全性と免疫原性に関する研究では、50人のボランティアがワクチン接種に参加しましたが、臨床試験への登録は現在も継続中です。

「データの中間解析では、重篤な有害事象はなく、ワクチン接種後のコロナウイルスの発症もないことから、本配合剤の安全性が高いことが示されました。 ワクチン接種後のコロナウイルスの発症はない」と報告しています。

混合ワクチンの免疫原性に関する最初のデータは8月に出る予定です。

RDIFは、スプートニクVの第1成分と外国の医薬品との併用について、世界で初めて他のワクチンメーカーとの共同研究を開始しました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova