MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
インタビュー

"収益のない1年半":パンデミックの中で働くことについて、Umma Tourの責任者にインタビューしました。

"収益のない1年半":パンデミックの中で働くことについて、Umma Tourの責任者にインタビューしました。

パンデミックの年に旅行業界は大打撃を受け、今では国内旅行には困らなくなったが、海外旅行には疑問が残る。

しかし、海外への旅行をサポートするツアーオペレーターのほかに、聖地への巡礼者を派遣するという特殊な活動を行っている旅行会社もある。このような旅行の場合、目的地の範囲はかなり限定されており、イスラム教徒にとっての礼拝の場合は、信者がハッジを行うサウジアラビア一国に集約されます。

Made in Russia編集部では、Umma TourのShamil Mukaramov氏にインタビューを行い、パンデミックの際にビジネスが直面した困難や、巡礼の価格がどのように変化するか、旅行の再開や業界の回復が期待できる時期などについて聞きました。


- 宗教的な観光と一般的な観光の違いは何でしょうか?

- 宗教観光とは、礼拝のための巡礼や観光を意味します。イスラム教徒にとっては、聖地メッカやメディナへの旅行です。イスラム教徒は、経済的に余裕があれば、一生に一度はメッカに行く、つまりハッジをする義務があります。ハッジは1年に1度、特定の日に行われます。日光浴をしたり、街を歩いたりすることはなく、あくまでも宗教的な体験をするのです。

- あなたにとっては、どう考えてもお金儲けのチャンスですよね。このようなビジネスを行う上での機微とは何でしょうか?

- 大きな機微はありません。なぜなら、通常の観光業では、人がビーチで休暇を過ごすために派遣されるのに対し、ここでは目的が少し異なるからです。なぜなら、通常の観光では、人はビーチでの休暇に送られますが、ここでは目的が少し違います。人は礼拝に行きます。したがって、ツアーオペレーターがこのケースを、ビジネスであるにもかかわらず、神への一種の奉仕として扱うことが非常に重要です。なぜなら、このケースを純粋にビジネスとして見た場合、長期的な展望がないからです。巡礼者が別の国でこの道を通ることができるかどうかは、ツアーオペレーターにかかっています。

- このようなビジネスには投資や国の支援が必要ですか?

- 国がサポートすることはありません。しかし、パンデミックの際には、ツアーオペレーターはおおむね支援を受けた。このサポートの一環として、私たちも助けを借りました。

難しい点としては、ハッジには限られた数の座席が割り当てられています。サウジアラビアは国ごとに、その国のイスラム教徒の総数の1%という割り当てをしています。しかし、3年ほど前までは、ロシアには2万人の枠が割り当てられていました。

「ハッジ・ミッション・ロシア」は精神管理団体に割り当てを行い、ツアー会社はムスリムの精神管理団体との合意に基づいてそれを実行するか、精神管理団体が独自にツアー会社を設立して巡礼を企画する。しかし、誰でもそのような旅行会社を開くことができるわけではない。そのような会社はロシアに9社ほどある。ロシアのイスラム教徒の精神的な集まりの下で働いている私たちの会社の割り当ては、1回のハッジにつき600人です。

グランドハッジの他に、メッカとメディナへの巡礼であるウムラがありますが、グランドハッジの期間中ではありません。

今年のハッジは、7月17日から22日頃に行われる予定でしたが、誰もが理解できる理由で中止になりました。ウムラは8月1日に開幕する予定だ。しかし、特に今年はまだ状況がはっきりしていません。サウジアラビアはすでにフライトを開始していますが、サウジアラビアはWHOが承認したワクチンしか受け入れられず、私たちのワクチンは含まれていないため、ワクチン接種に難航しています。ロシア人の小巡礼は条件付きで許可されていますが、ワクチンの問題をなんとか解決できるかどうかは不明です。

みんな楽しみにしているのは確かです。大巡礼というと、ある種の約束事のように扱われるので。5~10年かけて貯める人もいれば、一生かけて年金からお金を貯める人もいるし、子供に助けてもらう人もいる。

巡礼は決して安くはありません。ロシアでは平均して3,000ドルから始まり、今では規制のためにさらに高くなっています。

- パンデミックをどう乗り切りましたか?

- もちろん、問題は私たちを避けて通ることはできませんでした。この1年半、ほとんど活動していません。2020年2月にサウジアラビアが国境を閉鎖し、その瞬間からロシア人の大巡礼・小巡礼の派遣を中止しました。ダウンタイムが続いています。

これまでずっと、私たちは政府から何らかのサポートを受けてきました。さらに、トルコのハラルホテルでは、ビーチとプールが分かれているホリデーという目的があります。昨年は8月まで閉鎖されていましたが、シーズンの終わりである8月には仕事をする時間がありました。去年は8月まで閉鎖されていて、8月はシーズンの終わりで仕事をする時間がありました。今年は最初は順調でしたが、また閉鎖され、今はまた飛んでいます。

- 危機的な年の前の収入はどのくらいで、パンデミック時にはどのように変化したのでしょうか?

- 数字では言えませんが、私たちの主な活動であるハッジとウムラに限って言えば、100%の損失でした。1.5年間、利益はありませんでした。しかし、先ほど申し上げたように、ハラルホテルや航空券の販売、トルコのクリニックでの治療など、代替の目的地があります。また、イスラム教徒の方々は、トルコでの不動産購入に大きな関心を寄せています。私たちはこのようなビジネスを展開し、生計を立てています。

- 今回のパンデミックで得た経験をもとに、活動を再構築するのでしょうか?

- やはり、私たちはイスラム教徒のためのツアーオペレーターであり、それは常にハッジやウラのような巡礼のイメージがあります。もちろん、巡礼者にとっては興味深いことではありますが、一般的には別のことを期待されています。

今年は何かが変わることを期待していますが、条件が厳しくなり、巡礼の費用も高くなることはすでにわかっています。例えば、以前はプログラムを安くするために4ベッド、あるいは5ベッドの部屋を作っていましたが、今はサウジアラビアが2ベッドの部屋だけにしろと言っていますし、バスも通常50人のところを25人しか乗れません。

ハッジの前には、飛行機は直行便でなければならないという情報がありましたが、今はまだそのような条件はありません。しかし、乗り継ぎ便よりも高くなりがちな直行便しか認めないという可能性もあります。

私が挙げたものすべてに加え、PCR検査、たとえワクチンを接種していても費用に影響します。多分、100%の値上げではなく、最低でも10~15%の値上げということになると思います。具体的には当社の場合、小巡礼は1200ドルから始まったので1500ドルくらいになり、大巡礼は3千ドルから4~4,5千ドルに上がる可能性があります。これは、ハッジではウムラと違ってホテルの値段がかなり高く、座席数も限られていることが原因です。

また、サウジアラビアは税金を上げており、以前は5%だったのが今は15%になっています。私たちの為替レートも影響を受けます。

費用は高くなり、巡礼者の数にも影響しますが、ハッジの枠は常に満杯で、巡礼に行きたい人は必ずいます。なぜなら、人々は巡礼をしなければならないと感じているからです。それにもかかわらず、私たちが受け取る申請書から判断すると、非常に多くのキャンセル待ちがあります。国境が開放されれば、多くの人が訪れると思いますし、この点での問題はないと考えています。

- 旅行代金を支払った巡礼者のお金はどうなったのですか?

- 私たちの状況が続くことを想定して、お金はすべて返すことにしました。もちろん、来年のためにお金を残しておきたいという人もいましたが、ほとんどの場合、私たちはすべてのお金を返してもらうことにこだわりました。ハッジについて言えば、旅行券を2020年から2021年に振り替えた人も一定数いました。

しかし、今年もハッジは実現しませんでしたし、先のことはわからないし、値段も上がっているので、お金はすべて返しました。2020年に人々が支払った価格でハッジを開催したくてもできないでしょう。旅行の延期を申し出て、同じ価格でハッジを開催すると言うツアーオペレーターがいるかもしれません。それはたとえば、新規のお客さまには新しい価格でご案内しますが、旧来のお客さまには同じ価格のままです。しかし、私たちはリスクが非常に高いため、別の方法を選びました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova





0