史上初の単独北極点漂流を果たした旅行者コンユホフ氏
2021-08-04 12:48

史上初の単独北極点漂流を果たした旅行者コンユホフ氏

ロシア人旅行者のフョードル・コンユホフさん(69歳)が、世界最大の砕氷船「50年の勝利」に乗せられて、北極点付近での孤独な漂流を終えました。そこで彼は、北極海の氷が溶ける力を調査したと、このプロジェクトの主催者であるRoscongress Foundationが発表しました。

「北極海の氷の融解の強さと流氷のルートを調査することが目的でした。また、シルショフ海洋研究所が開発した自律型地震計で、北極海の地震活動を記録するというユニークな試みにも成功しました。ロシア科学アカデミーのシルショフ海洋学研究所のP.ロシアの海洋学者は、北極海の自然背景や、極地周辺の地殻の地震活動、特にガッケル海嶺の広がりなどの参考記録を得ることができると期待しています」と、ファンドに語った。

ロスコンで説明されているように、このプロジェクトは、2021年から2023年の北極評議会におけるロシアの議長国の開始に合わせて行われます。このプロジェクトの特徴は、地震計を氷の上に直接設置して調査を行うことであり、沿岸部の極地観測所のように、車やディーゼル発電機などの人工的な騒音がないことです。Fyodor Konyukhovの宿泊施設は、厚さ1.5メートルの強固な氷塊の上に設置された探検用テントで、作業スペースと寝るためのモジュールがあり、長い極地の日中に「人工の夜」を作ることができます。テントにはソーラーパネルが搭載されています。ステーションとの通信は、モスクワ時間で毎日正午と午後9時に衛星電話で行われ、旅行者の位置はトラッカーによってリアルタイムに追跡されました。

「このプロジェクトによって、北極圏におけるロシアの存在感が高まることを期待しています。北極圏の持続的な発展のためには、科学にもっと積極的に取り組み、環境を保護し、周囲の科学者や旅行者、起業家を団結させる必要があります。北極海は世界の気象の "台所 "です。次の極地遠征では、熱気球で地理的な北極点を横断する初の北極圏横断飛行を行い、同時に北極圏の気候変動を研究するつもりです」とコンユホフは述べています。

ルートのインタラクティブマップは、旅行会社の公式サイトで見ることができます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ