ヤマル・フィッシュ・ファクトリーは、製品の輸出を開始します。
2021-08-25 03:39

ヤマル・フィッシュ・ファクトリーは、製品の輸出を開始します。

サレクハード統合工場は、魚製品を海外に輸出する許可を得ました。これは、州政府のプレスサービスによって報告された。

同地区農工業団地局のルボフ・オーマン副局長は、同コンバインがヤマル企業として初めて魚製品の輸出権を取得したことに言及した。

「これでヤマルは、海外への農産物の供給を増やし、購入国を拡大することで、国家プロジェクト『国際協力と輸出』の成功を確実なものにすることができる」とオーマン氏は語った。

最初の市場はカザフスタンとベラルーシで、続いてキルギスとアルメニアになる予定です。

現在、お客様との契約交渉を進めています。製品の出荷は2週間以内に開始される予定です。

深層水産物の潜在的な輸出供給量は、年間240トン(100万缶相当)と推定されます。

コンバインでは、年間3,000トン以上の魚、約400万缶の魚缶、90種類以上の様々な魚製品を加工しています。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ