映画館の売上は、2019年から3分の1に減少
2021-08-26 02:32

映画館の売上は、2019年から3分の1に減少

ロシアの映画館は、夜明け前の収益レベルに戻ることができませんでした。分析リソース「Check Index」の調査によると、2021年8月のチケット購入需要は、2019年に比べて3分の1に減少しました。

8月の平均購入額は、映画館への来場1回あたり504ルーブルに達したが、この数字は昨年の水準より2%低く、2019年と同水準だったとTASSは書いている。

8月前半の売上高は、2020年の7倍(650%増)となったが、2019年よりも31%低かった。

同時に、専門家は、映画チケットのオンライン購入数が増加したことを指摘している。昨年と比較して、来場者が映画チケットをオンラインで購入する割合は約4倍(365%増)となった。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ