2021-08-27 02:47

"Hospitality industry bears cost": 業界はBooking price parityの廃止を待っている

ホテルビジネスは、予約サービスの「押し付け」により、依然として経済的損失を被っている。 価格と部屋のパリティの義務的な提供と遵守に関する契約条件、および閉鎖的なユーザーグループとの対話条件について、「Opora Rossii」の副会長であるアレクセイ・コジェフニコフ氏は次のように述べている。

「今、ホテル業界にとって重要なのは、ナローパリティとブロードパリティの両方の価格パリティを廃止するというロシアFASの指示を実行することです。ロシアのホテルビジネスにはまだ高いコストがかかっているので、これはまさに待ち望んでいたことです。そしてもちろん、ブッキングがその支配的な立場を乱用したり、競争制限につながるような他のルールを打ち出したりしないことを望んでいます」とコジェフニコフ氏は述べています。

思い起こせば、オランダのサービスに対する独禁法の手続きは2019年に始まった。その後、「オポラ・ロシイ」は連邦反独占局(FAS)に対し、外資系企業が協力しているホテルに対し、外資系サービスに独占的にベストプライスを提供するよう要求していると訴えた。この条件によれば、ゲストが直接部屋を予約したとしても、ホテルにはより安い価格で部屋を提供する権利がないと当時報じられていました。

その後、FASはブッキング社に対し、RF法「On Protection of Competition」への違反をやめるよう要求する警告を発しました。しかし、Booking社はこの警告を無視したため、外国企業に対する反トラスト法違反の訴訟が開始されました。

木曜日、FASは同社に13億ルーブルの罰金を課しました。ブッキングのプレスサービスによると、同社はこの決定に失望しており、控訴するとのことである。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova