KAMAZは欧州企業と共同で水素トラックを開発する可能性がある。
2021-09-06 04:30

KAMAZは欧州企業と共同で水素トラックを開発する可能性がある。

ロシアの自動車メーカーKAMAZは、フランス・スイスのエンジニアリンググループGreenGTと共同で、水素エンジンを搭載したトラックの開発を検討していると、ロシアのKAMAZのプレスサービスが伝えた。

両社は、水素を動力源とした電気駆動の産業用トラックの開発に関する覚書に署名したとのことです。

「本日、KAMAZとGreenGT社は、水素燃料電池システムを搭載した44トンのプロトタイプトラックのデモンストレーションを行っています。 このプロトタイプには、12個と6個の大型水素タンクを搭載した2つのバージョンがあり、合計で約45キロの水素を貯蔵することができます」とプレスサービスは伝えています。

このように、この車はゼロエミッションで、出力は570ps、航続距離は500km、充電にかかる時間は15分以下となっています。

正式なデモンストレーションは、11月にベルンで開催されるスイス・モーターショーで行われる予定です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova