ノーベル物理学賞受賞者がモスクワ地域に科学センターを設立
2021-09-09 02:32

ノーベル物理学賞受賞者がモスクワ地域に科学センターを設立

2010年にノーベル物理学賞を受賞したアンドレイ・ガイムは、モスクワ近郊のドルゴプロードノエに、モスクワ物理技術研究所(MIPT)を母体とする研究センターを設立します。

新センターは、量子低次元物質を含むメソフィジックスの問題に焦点を当てます。本センターの科学プログラムは、低温走査型トンネル顕微鏡・分光法、磁気力顕微鏡、角度分解能の高い光電子分光法などの最新の物理的手法を用いて、有望な新材料やそれを用いたナノデバイスの電子物性を研究します。また、巨視的な物体をナノスケールにまで小型化する際に生じる物理的な問題を解決することも、このセンターの活動の方向性の一つとなるでしょう。

MIPTのドミトリー・リヴァノフ学長は、このセンターがロシアの科学の発展の原動力になると確信しています。

「現在、世界のノーベル物理学賞受賞者のうち、ロシアにゆかりのある人物は、コンスタンチン・ノボシヨロフ氏とアンドレイ・ガイム氏の2人だけです。この2人が、科学技術年に合わせて、MIPTをベースにロシアに科学部門を設立しているのは意義深いことです。ロシアからもっと多くのノーベル賞受賞者を輩出したいと考えていますが、そのためにはこのようなセンターの設立が必要です」と述べています。

このセンターは、2021年10月1日に業務を開始する予定です。また、若手研究者やMIPTの学生を対象に、世界有数の物理学研究所での大規模なインターンシッププログラムを実施する予定である。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ