ロシアの科学者が小惑星とスペースデブリの動きの研究を始めた
2021-09-10 02:05

ロシアの科学者が小惑星とスペースデブリの動きの研究を始めた

トムスク州立大学(TSU)物理学科の科学者たちは、スペースデブリ、近月面物体、地球近傍小惑星といった物体の複雑な軌道の研究を始めた。ロシア科学財団(RSF)によると、物体の動きの規則性は、コンピュータモデルと機械データ分析を使って研究されています。

NASAによると、現在、地球近傍の宇宙空間には、少なくとも10cm以上の物体が数十万個存在しています。年間の成長は約1000個の断片です。ロシア科学財団の支援を受けたこのプロジェクトの成果は、スペースデブリの分布を整理するのに役立ちます。

「人類は今後数十年の間に月や月面近くの宇宙を探査しようとしているため、同様に緊急性の高い課題は、月面近くの天体の軌道進化を研究することです。この宇宙空間のダイナミックな構造を研究することで、近月面プロジェクトを実施する際のミスや非生産的なコストを回避することができます」と、プロジェクトマネージャーであるTSU物理学科の天文学・宇宙測地学講座准教授、アンナ・アレクサンドロワは語る。

しかし、このプロジェクトは、地球に接近する小惑星の動きを予測する精度の向上という別の問題も解決していると、ロシア科学財団は述べています。TSUの研究者が小惑星の動きのより正確なモデルを作成することで、これらの物体の潜在的な危険性をより正確に予測できるようになります。

「研究者たちは、データを分析するために、人工ニューラルネットワークを用いて実装されたアルゴリズムモデルを使用しています。これにより、地球近傍および近月面物体の動きに影響を与える共振を特定するプロセスの一部が自動化されました。 <...> 機械学習手法の使用は、大量のデータの処理を大幅に高速化し、科学者を単調なルーチン分類プロセスから解放します。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ