WHOは、一連の文書を確認した後、スプートニクVワクチンの評価を行う用意がある
2021-09-10 12:20

WHOは、一連の文書を確認した後、スプートニクVワクチンの評価を行う用意がある

世界保健機関(WHO)は、ロシアがスプートニクVワクチンの品質、安全性、有効性に関するデータと結論を含む完全な文書パッケージを提供した後に、スプートニクVワクチンの使用に関する評価を行う予定であると、WHO欧州事務所の予防接種部門の上級専門家であるオレグ・ベネシュ氏は述べています。

「WHOは、スプートニクVワクチンを評価するための完全な文書パッケージの準備について、ロシアの代表者と積極的に協力し続けています。我々は現在、関連団体からの書類一式の提出を待っている段階にある」と、タス紙はベネシュ氏の言葉を引用している。

サテライトVは現在までに70カ国で登録されており、総人口は40億人以上、つまり世界人口の半分を占めています。スプートニクVワクチンの国際的なプロモーションの一環として、RDIFはインド、中国、韓国、アルゼンチン、メキシコなど数カ国の大手製薬会社と製造契約を結んでいます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ