ロシア、アフリカ2カ国と漁業パートナーシップを締結
2021-09-10 03:00

ロシア、アフリカ2カ国と漁業パートナーシップを締結

Rosrybolovstvoは、サンクトペテルブルクで開催された国際水産フォーラムにおいて、モーリシャスと水産分野での協力覚書を締結したと、同機関のプレスサービスが伝えた。

「水産業は、両国間の協力関係において有望な分野の一つとなり得る。今日、私たちは重要な課題に直面しています。それは、私たちの協力関係を再開するために必要な法的枠組みを作ることです」と、連邦水産庁のイリヤ・シェスタコフ長官は述べています。

同庁は、ロシアのマグロ船団の出現により、モーリシャスの排他的経済水域とインド洋西部の近隣地域が、マグロの国内漁業を組織するための有望な地域とみなされるようになったと指摘しています。二国間会合の後、不法漁業対策、モーリシャスの水産業のための有資格者の訓練、共同研究などにおける両国の協力関係を強化する協定が締結されました。

また、連邦水産庁は、モザンビークとの水産養殖分野における二国間協力の問題について協議しました。部長は、水産養殖分野におけるロシア・モザンビーク間の協力関係を強化するための第一歩となる、省庁間の覚書の作成を提案しました。モザンビークのアウグスタ・デ・ファティマ・マイタ海洋資源・内水・水産大臣は、この取り組みを支持しました。

モーリシャスは、インド洋の南西部に位置する東アフリカの島国です。モーリシャスの海には、約1,076種の魚類、274種の甲殻類、217種の軟体動物、33種の棘皮動物が生息しています。魚類は102種で、そのほとんどが島の沿岸域で漁獲されています。

モザンビークはアフリカ南東部に位置し、南アフリカ、ジンバブエ、ザンビア、マラウイ、タンザニア、エスワティニと国境を接しています。モザンビークの海洋生物は、種の多様性が高いことが特徴です。商業的に重要なのは、90種の魚類、24種の甲殻類、2種の頭足類、2種の二枚貝です。

9月8日から10日まで、サンクトペテルブルクで「International Fisheries Forum and Exhibition of Fish Industry, Seafood and Technology」が開催されました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ