チェリャビンスク州に材料のガンマ線処理センターを開設
2021-09-10 12:44

チェリャビンスク州に材料のガンマ線処理センターを開設

ロシア最大の材料用ガンマ処理センターがチェリャビンスク州にオープンした。これは、Atom-TOR社のプレスサービスによるものです。

このセンターの設立により、ポリマーやゴム・コンクリートなどの構造材料の特性変更、農産物の植物検疫処理、照射指示書の作成、無菌試験など、サービスの幅が広がることが期待されている。

このセンターの設立には、業界の優秀な人材が関わっています。センターには、ロスアトム国立技術物理自動化研究所が開発したコバルト60線源を搭載した産業用ガンマユニットRTU-3000が設置されている。

この企業は、国立研究原子力大学MEPhIおよびオゼルスキー技術大学と、実習のための学生の受け入れを含む協力協定をすでに結んでいる。

最初の顧客は、手術キットや医療用個人保護具、香辛料のメーカーである。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ