WEF-2021の期間中、プリモリエのビジネスは15億ルーブルを稼いだ
2021-09-10 02:48

WEF-2021の期間中、プリモリエのビジネスは15億ルーブルを稼いだ

沿海地方の観光および関連産業の企業家たちが、東方経済フォーラム(EEF-2021)の開催期間中に約15億ルーブルを稼いだと地方政府が発表した。

「WEFは、ウラジオストクと沿海地方を宣伝し、観光インフラを含む投資を誘致するためのイベントであることが重要です」と、地域の観光機関の責任者であるVladimir Shchur氏は述べています。

同氏は、国境の閉鎖やインバウンド観光客の減少により、同地域の観光による税収は2019年の51億ルーブルから2020年には10億ルーブル以上に減少したと指摘。その一方で、ロシアの他の地域からの観光客の流れは増加しています。

"今年の数ヶ月間だけで、国内の観光客を中心に約110万人が沿海地方を訪れた。これは、昨年の同時期に同地域を訪れた観光客数の2倍以上にあたります。2020年には、合計97万人が沿海地方を訪れます」とシュチュル氏は語った。

これに先立ち、「東方経済フォーラム-2021年」の枠内での合意事項の総額は3.6兆ルーブルであることが報じられた。

東方経済フォーラムは、9月2日から4日までウラジオストクで開催されました。メインテーマは「変化する世界における極東の新たな機会」でした。このフォーラムはRoscongress Foundationが主催しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ