シベリア最大の小売業者の新しい物流センターがケメロボに出現
2021-09-12 03:30

シベリア最大の小売業者の新しい物流センターがケメロボに出現

シベリア最大の小売チェーン「Maria-Ra」の新しい物流センターがケメロボに建設されました。セルゲイ・ツィビレフ知事によると、面積は2万8000平方メートル。

「ロシア最大級の小売企業の近代的な物流センターがクズバスにできたことで、この地域に1000人以上の新規雇用を創出することができ、現在も採用活動が行われています。一般のお客様にもメリットがあることが重要です。物流コストが下がることで品揃えが増え、小売チェーン店にできるだけ早く商品を供給できるようになります」とツィビレフは語ります。

この倉庫群には、商品を組み立てるためのデジタル音声操作システムが導入されており、作業員の作業性が格段に向上しています。

この倉庫は、ケメロボを通り、ノボシビルスク、トムスク、イルクーツク、クラスノヤルスクの各地域を通る連邦高速道路R-255「シベリア」の近くに位置しています。この場所では、商品の物流が大幅に促進されます。

このプロジェクトには、約20億ルーブルの投資が集まりました。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ