ロシアではほとんどの企業が社員にリモートワークを任せている
2021-09-13 09:45

ロシアではほとんどの企業が社員にリモートワークを任せている

コンサルティング会社DeloitteとX5 Group Retail, writes Inc.の共同調査によると、パンデミックのピーク後、従業員のためのリモートまたはハイブリッドワーク形式は、ロシア企業の97%が維持しています。ロシア

この調査には、IT、金融サービス、貿易の大手企業9社を含む、さまざまな業界の80社が参加しました。

調査対象となった組織の27%では、以前は在宅勤務の可能性はなく、別のそのような形式の同じ量で、完全に禁止されていたことがわかりました。従業員自身は、90%以上の回答者がハイブリッド型、35%の回答者が完全なリモート型で働くことを希望していると答えました。

X5グループは、今日の小売業の従業員は ソーシャルパッケージの中で自分の好きなスケジュールを選ぶことができると指摘している。 パンデミックを経験したことでワークスペースにも変化が起こりました。同社の人事・組織開発担当ディレクターのTatiana Krasnoperova氏によると、多くの組織の経営者の頭に染み付いている「人に会わなければ、その人は働いていない」という確立された概念も変わりつつあるという。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ