ロシアはもうサーモンを輸入する必要がない
2021-09-13 11:05

ロシアはもうサーモンを輸入する必要がない

Rosrybolovstvoのイリヤ・シェスタコフ代表は、ロシアが6年ぶりにサケの輸入をやめ、赤身の魚を十分に自給できるようになったと語った。

Interfax」の報道によると、ロシアは以前、ノルウェーから年間約12万トンのサケを購入していました。それが2014年、欧州の制裁に対抗してモスクワが食糧禁輸措置を導入したことで、供給がストップしたのです。これにより、ロシアは自国での魚の生産量を増やすことができ、過去10年間で2倍以上に増加しました。

そのため、2020年にはロシアのサケ生産量は14%増加し、2021年前半にはすでに20%増加しています。同省では、年末までに33万トンの赤身魚の生産を見込んでいる。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ