シャンパーニュワイン委員会は、ロシアへのシャンパーニュ配送を再開することを決定しました。
2021-09-13 10:25

シャンパーニュワイン委員会は、ロシアへのシャンパーニュ配送を再開することを決定しました。

シャンパーニュ地方のInterprofessional Wine Committeeは、9月15日からのロシアへのシャンパーニュ輸出停止を解除することを決定したと、同委員会のジャン=マリー・バリエール委員長が発表しました。

Agent France Presseによると、バリエール氏は、輸出停止の解除は、世界貿易機関への申請に消極的な同委員会の姿勢を浮き彫りにする「融和的な措置」であると述べています。"我々は新法を尊重する "と同組織の会長は語った。

ワインメーカーは、ロシアの消費者を罰したり、年末年始にワインがない状態にしたりしたくないのだ。

この夏、ロシアではアルコール飲料の規制に関する法律が施行され、それによると「シャンパン」という言葉はロシア国内で製造されたものにしか使用できないことになっています。シャンパーニュ地方の生産者を含む外国の生産者は、製品の名称を「スパークリングワイン」に変更しなければならない。フランスのワイン界はこれに納得せず、特にモエ・ヘネシー社からは供給の打ち切りが宣言された。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ