ロストフ地域では、再生可能エネルギーによる発電量を増加させる
2021-09-13 11:22

ロストフ地域では、再生可能エネルギーによる発電量を増加させる

ロストフ州は、2022年までに、消費構造に占める再生可能エネルギーの割合を10.1%に引き上げる意向です。これは、同州のイーゴル・ソローキン副知事が発表したものです。

「ロストフ州の消費構造における再生可能エネルギーの割合は、2021年には8.2%、2022年には10.1%になる予定です」と、タス通信は同副知事の発言を引用しています。

また、2024年までに70万kW以上の風力発電所の建設が計画されています。この分野への投資は700億ルーブル以上になるという。

ロストフ州の最初の風力発電所は、2020年にクラスノスリンスキー地区とカメンスキー地区で稼働を開始し、その総容量は350MWだった。

2020年、ロストフ州は、ロシア連邦の構成団体の中で、風力発電の設置容量で第1位となりました。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ