政府契約のサプライヤーへの発注品の支払い期限がモスクワで短縮された
2021-09-13 12:08

政府契約のサプライヤーへの発注品の支払い期限がモスクワで短縮された

モスクワ市政府が国家契約の支払い条件を引き下げていることが、市長事務所の公式サイトmos.ruで明らかになりました。

首都の副市長であるVladimir Yefimov氏によると、公共調達の支払い条件の引き下げは、段階的に実施される。つまり、2021年10月1日から、中小企業や社会的に重要な非営利団体からの購入契約の支払い期間は、これまでの15日から10営業日以内になります。その他の契約については、支払期間が従来の30日から15日に短縮されます。さらに、2022年1月1日からは、支払い期間がそれぞれ7日、10日を超えないようになります。

市長室は、公共調達の支払い条件の緩和は、23万社以上のサプライヤーに対する重要な支援策であると述べています。

UAIST(Uniform Automated Information System of the Trading)における契約書のテンプレートの変更は、9月20日から、そして2021年12月20日からアクセス可能になります。このシステムは、調達プロセスを自動化し、エラーや人的要因を排除します。すべての文書は迅速に登録され、オンラインで利用できます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ