農業省はPSC改革を2025年に延期することを提案した
2021-09-13 12:57

農業省はPSC改革を2025年に延期することを提案した

ロシア農業省は、ロシアにおける廃棄物リサイクル改革を2022年から2025年に延期するというビジネス提案を支持した。このような書簡は、オクサナ・ルット副大臣が、改革を監督するヴィクトリア・アブラムチェンコ副首相に送ったものであるとRBCは書いている。

「ロシア農業省は、産業組合の主な提案を支持するとともに、産業界の代表や関係部署の参加を得て、政府のプラットフォームでこの問題を検討することが望ましいと考えています」と同省は説明している。

2020年末に政府が採択した拡大生産者責任(EPR)の概念によれば、2022年初頭までにパッケージの100%リサイクルを導入する必要があることを思い出してほしい。商品のリサイクル率は、年率10%で段階的に導入される。企業は、商品やパッケージを自らリサイクルしないという選択もできるが、その場合、法外な料金を支払わなければならない。

8月中旬、経済発展省は、この改革を2024年まで延期する案を提示しました。同省の説明によると、これにより商品の価格が大幅に上昇することなく、廃棄物のリサイクルシステムを構築することができるという。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ