2021-09-13 01:09

"Yandex "が "Segalovich Foundation "の設立を発表、教育的なITプロジェクトを集結させる

ヤンデックス社は、同社の共同創業者の名前を冠した「イリヤ・セガロヴィッチ財団」を設立し、数学やITの分野で利用しやすく質の高い教育の開発に取り組んでいる同社の非営利の教育プロジェクトや組織、公的な取り組みをまとめることになりました。

教育プログラム「Yandex」を開始してから15年間で、約600万人が受講したことが明記されています。2019年、同社は2023年まで50億ルーブルを投じて、テクノロジーの力を借りて教育環境を整備する恒久的な企業プログラムを立ち上げました。現在、この活動はセガロヴィッチ財団を基盤として継続され、助成金によって強化されています。

セガロビッチ財団の主な任務は、現代のIT・数学教育を身近なものにすること、誰もが利用できるデータ・方法・技術の助けを借りて教育分野を発展させること、教師や専門家のコミュニティを支援すること、知識・科学・文化に対する人々の願望を強化するプロジェクトに参加することです。

セガロヴィッチ財団は、独自のプロジェクトを展開するとともに、組織や公的な取り組みに助成金を提供します。2022年の助成金総額は2億5000万ルーブルを予定しています。助成金申請者のプロジェクトは、教育分野の代表者、著名な公人、ヤンデックスのマネージャーなど、財団の専門家によって審査されます。専門家の名前と助成プログラムは、11月10日に開催されるヤンデックスの教育に関する会議「YaC/e」で発表されます。

イリヤ・セガロビッチは、会社の創設者の一人であり、検索エンジンの最初のバージョンの作成者であり、Yandexという言葉の作者であり、Maria's Childrenリハビリテーション・アートセンターの主催者の一人でもあります。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ