SEZ居住者の保険料負担が軽減される可能性
2021-09-13 03:37

SEZ居住者の保険料負担が軽減される可能性

ロシアでは、新しい技術や開発を目的とした技術革新型経済特別区(SEZ)の居住者に対して、保険料を7.6%に軽減する連邦法案を作成しました。

アンドレイ・クテポフ連邦議会経済政策委員会委員長がこの構想を説明したところによると、これで国内の68の対象者が1つの優遇措置だけを利用できるようになり、経済特区に幅広い投資家を誘致できるようになったとタス紙は伝えている。

技術革新型経済特区の居住者の保険料率を7.6%に引き下げることで、既存および潜在的な居住者は、優遇措置によって放出された資金をプロジェクトの開発に投資することができるため、年間収益および投資額を2.5倍に増やすことができると文書には書かれている。

「入居企業によると、プロジェクトの開発予算に占める人件費の割合は70〜100%に達し、技術革新型経済特区の入居企業の平均給与は6万ルーブル以上と、ロシアの平均給与を上回っています。2022年までに、サンクトペテルブルク、タタールスタン共和国、モスクワ、トムスク地域の技術革新型経済特区は、2万2千人以上の雇用を創出する」と法案は述べている。

メイド・イン・ロシア/Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ