関節炎治療およびコヴィド19からの回復のためのBIOCAD医薬品がベラルーシで承認される
2021-09-13 04:46

関節炎治療およびコヴィド19からの回復のためのBIOCAD医薬品がベラルーシで承認される

ベラルーシ保健省は、医薬品「イルシラ」(レビリマブ)の使用を承認しました。イルシラ」(レビリマブ)BIOCAD社(Made in Russiaプロジェクト参加企業)が開発した関節リウマチおよび重症コヴィド19サイトカイン放出症候群治療薬「イルシラ」(レビリマブ)の使用を承認したと、同社のプレスサービスが報じました。

"レビリマブ "は、もともとロシアのバイオベンチャー企業であるBIOCAD社が関節リウマチの治療薬として開発したものですが、IL-6p阻害剤がコロナウイルス感染症で発生するサイトカインストームを阻止する能力があることから、適応拡大のために有効性と安全性の臨床試験を実施しました。その結果、2020年6月、レビリマブがロシアで登録された最初のIL-6r阻害剤のクラスの薬剤となり、コヴィド-19の複雑なコースの治療に使用されるようになりました」とプレスサービスは述べています。

この臨床開発プログラムには、少なくとも3億ルーブルが投資されました。本剤の開発には、構想から発売まで10年を要しました。

製薬会社の発表によると、レビリマブの登録は レビリマブの登録 ベラルーシでは、コロナウイルス患者の生命を脅かす疾患に対する積極的な治療へのアクセスが可能になるほか、遺伝子操作による生物学的治療が間に合えば、関節リウマチの進行を阻止し、無効化を回避することができるようになります。

ベラルーシは、ロシア以外の国で初めてレビリマブを登録した国となりました。 レビリマブ.また、カザフスタンでも登録申請を行いました。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Karina Kamalova