タタルスタン共和国の投資誘致額が20%以上増加
2021-09-13 05:57

タタルスタン共和国の投資誘致額が20%以上増加

タタルスタンは、2021年上半期に1400億ルーブルの投資を誘致しました。タタルスタン投資開発庁のタリア・ミヌリナ長官によると、これは前年同期比22.7%増。

"投資に関しては、回復し始めています。2021年の上半期を見てみると、すでに1400億ルーブルを誘致しています。これは、前年同期比で22.7%の増加です。これは、ゆっくりとしたペースではありますが、経済動向や投資プロジェクトが回復していることを意味しています」と、タス通信は彼女の言葉を引用しています。

ミヌリーナ氏は、ニジネカムスキー地区、アルメチェフスキー地区、エラブジスキー地区が、タタルスタンの非予算源からの固定資本への投資を誘致するリーダーであると述べました。スパスキー県、リブノ-スロボドスキー県、テチュシスキー県はアウトサイダーである。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ