シベリアにパッケージウォーターのラベリングのためのコンピテンスセンターが出現
2021-09-13 06:02

シベリアにパッケージウォーターのラベリングのためのコンピテンスセンターが出現

先端技術開発センター(CDPT)とボトルドウォーターメーカーのバイカルシア社は、シベリア連邦管区にパッケージドウォーターのラベリングのためのコンピテンスセンターを開設しました。これは、CRPTの非買収商品グループ部門の責任者であるKirill Volkov氏が発表したものです。

「水」という商品グループでは、製品のラベル付けに関する多くの情報が蓄積されています。Baikalsea社と協力して、これらの知識を体系化し、指示だけでなく、ラベリングの実施や製品の回転に関する実際の経験を含むトレーニング教材を作成しました」と述べています。

同氏によると、センターの主な任務は、企業が技術革新に備え、新しいルールの下で快適に業務を行えるようにすることです。

新しい能力センターでは、水の生産者は、「Honest Mark」システムで作業するためのトレーニングを受けることができ、システムでの作業に始まり、シリアル化や機器の設定、卸売りや小売店とのやりとりなど、ラベリングの段階についての情報を得ることができます。

さらに、生産現場ですでに導入されている技術的ソリューションや、バイカルシア社の現場で適用されているさまざまなマーキング方法についても知ることができます。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ