オレンブルク、スモレンスク、イヴァノヴォの3地域に新たな経済特区が誕生する。
2021-09-14 09:41

オレンブルク、スモレンスク、イヴァノヴォの3地域に新たな経済特区が誕生する。

ロシア経済開発省は、オレンブルク州、スモレンスク州、イワノボ州に工業生産型の3つの経済特区が新たに誕生すると発表した。

「経済特区の創設は、ロシア連邦の構成団体にとって新しい機会であるだけでなく、地域の首長の個人的な責任でもある。新しい経済特区やASEZ(高度開発地域)は、経済成長の新たなポイントを生み出し、地域に新たな税金をもたらし、これらの地域に住む人々に新たな高給の仕事を与えるための基盤となるべきです」と、極東連邦管区の副首相兼大統領特使であるユーリー・トゥルトネフ氏は述べている。

同省の発表によると、経済特区「オレンバーシィ」は、オレンブルク州の2つの都市、オレンブルクとオルスクに設置されます。この経済特区は、同州自身が管理することになります。投資ポートフォリオには、リチウム・チタン電池の生産、輸送・物流ターミナル、掘削装置の生産工場など、8つのプロジェクトが含まれています。2030年までに、経済特区「オレンブルズィエ」の住民は900人以上の雇用を創出し、約90億ルーブルの民間投資を誘致する計画です。

スモレンスク州では、最大の税関・物流ターミナルである「スタブナ」の敷地内に経済特区が設立されます。この経済特区では、メタノール製造、オフロード車、泥炭処理など6つのプロジェクトが実施される予定です。2030年までに600人以上の雇用を創出し、106億ルーブルの投資を誘致する計画です。

イワノボ州では、イワノボとロドニキの敷地に新しい経済特区が出現します。産業インフラの構築や国内外の投資家との連携に実績のある民間工業団地「ロドニキ」の管理会社が、この経済特区を管理する予定です。経済特区内では、初期段階で5つの軽工業投資プロジェクトが発表されており、総投資額は83億ルーブルとなっています。これらのプロジェクトの実施により、3.2千人の雇用を創出することが可能となります。

また、政府は、コミの経済特区「イェムバ」の住民の経済活動リストの拡大を承認した。この変更により、3億7,100万ルーブル以上の追加投資を誘致することが可能となる。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Karina Kamalova