クラスノダール地方への投資額は5年間で50億米ドルに達した
2021-09-14 10:20

クラスノダール地方への投資額は5年間で50億米ドルに達した

クラスノダール地方は、過去5年間で総額50億ドルの投資を誘致することができました。今回の発表は、クラスノダール地方の投資・中小企業開発部のVasily Vorobiev部長が行いました。

「クラスノダール地方は、ロシア連邦の中でも最も投資魅力のある地域の一つです。国際的なコンサルティング機関であるErnst&Youngが毎年実施している外国企業の調査によると、同地域はビジネスを行う上で最も有望な地域とされています。2016年からの過去5年間で、この地域の経済は50億ドル以上の外国からの直接投資を受けています」とTASSは同氏の言葉を引用しています。

ボロビヨフ氏は、30カ国以上の外国資本が入った約300の企業がすでにクバンに誕生し、現在操業していると述べた。同部長によると、ドイツ、フランス、アメリカ、スウェーデン、オーストリア、イタリア、トルコ、スイス、デンマークなどの多くの有名企業が、この地域の戦略的パートナーとなっているという。

先に、クバンが投資家にとって最も魅力的な観光地域に選ばれたことが知られた。

このレポートは、ロシアの11の地域の投資に対する観光の魅力を、クラスターや制度的な開発環境、収入、支出、リスク、そして産業や観光名所の財務実績に基づいて調査したものである。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ