2021-09-14 12:28

"KAMAZ "が開発した新しい電気バス

KAMAZの研究開発センターのエンジニアは、モスコルトランス社からの特別注文により、KAMAZ-6292ハーモニカ電気バスを開発し、発表しました。

新モデルは、大型クラスのアーティキュレート型低床電気バスです。

乗客定員は135名で、そのうち優先席4席を含む48席を搭載しています。

また、CCTVカメラ、衛星ナビゲーション、空調システム、携帯電話充電用のUSBコネクタなどを装備しています。

同社は、この新型電気バスが乗客の安全性と快適性に関するすべての要件を満たしており、超高速充電ステーションによる充電も可能であると述べています。

近い将来、試作車はモスクワに送られ、首都の混雑した道路状況下での新型車の潜在的な欠陥を特定するためのテストが行われる予定です。

KAMAZ連接電気バスの量産開始は2022年を予定しています。

メイド・イン・ロシア / Made in Russia

著者マリア・ブザナコワ