モスクワで従業員にコヴィド-19を接種するための助成金が100社に支給されることになりました。
2021-09-14 03:00

モスクワで従業員にコヴィド-19を接種するための助成金が100社に支給されることになりました。

モスクワ当局は、従業員の60%にワクチンを接種するという要件を満たした企業100社を特定し、助成金を授与しました。

「助成金の額は、その企業が過去1年間に支払った個人所得税の100%で、500万ルーブル以下となっています。助成金の対象となるのは、医療クリニック、モバイルハウス、自動車サービス、ケータリング、印刷会社、モスクワのハイテク企業などです」と、首都の起業・革新開発部門のアレクセイ・フルシン部門長は述べています。

支払いを承認したすべての組織および個人の起業家は、支払った個人所得税に関する税務当局との和解行為を提示するために、リストの公開日から3営業日以内に要請を受けることになります。このような文書は、連邦税務局から入手することができます。10営業日以内に納税確認書を提出しないと、助成金を受け取る権利はリストの次の組織に移ってしまいますのでご注意ください。

市長室での説明にあったように、企業家は9月30日まで、コロナウイルス感染の予防と従業員への個人防護具の提供にかかる費用の補償を申請することができます。モスクワのイノベーションクラスターのサイトで申請ができます。mos.ruポータルで従業員の60%にワクチンを接種するために8月15日まで補償を申請した企業家は、補償を請求することができます。一時金として1万5千ルーブルが支払われるほか、従業員1人につき6,5千ルーブルの追加補償が行われます。従業員のいない個人事業主は、21.5千ルーブルの補助金を受けることができます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ