Karat Smelted Cheese PlantはTogliattiに新しい生産施設を建設する。
2021-09-14 04:21

Karat Smelted Cheese PlantはTogliattiに新しい生産施設を建設する。

モスクワのプロセスチーズ工場「Karat」は、トリアッティの先進経済開発区に最初の地域生産施設の建設を開始しました。このプロジェクトへの投資額は100億ルーブル以上になる予定です。

「現在、モスクワには約240社の食品企業がありますが、その中でもプロセスチーズ工場「Karat」は、モスクワ最大の乳製品メーカーのひとつです。今年、この企業は工業団地のステータスを取得し、多くの税制優遇措置が受けられるようになり、貯めた資金を生産拠点のさらなる発展のために投資することができるようになりました」と副市長のウラジミール・イェフィモフ氏は述べています。

チーズ製造の新企業は、敷地面積が2万7,400平方メートルで、1日に800トン以上の牛乳を処理し、年間で約29万トンの牛乳を処理します。セミハードチーズ、カッテージチーズ、凝乳チーズ、顆粒状カッテージチーズを生産します。操業開始は2023年の第2四半期を予定しています。

"Karat "モスクワ工場は、ロシアにおけるプロセスチーズの3大生産者のひとつです。2021年5月には、1960年に開発されたレシピのドゥルジバ・チーズの10億個目のバッチがベルトコンベアから降りてきました。現在、同社の製品はロシア全土に供給されています」と、首都の投資・産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長は語る。

また、同企業は積極的に輸出方向に展開しているという。アゼルバイジャン、ベラルーシ、カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンをはじめ、グルジア、タジキスタン、モンゴルなどへの進出も期待されている。

エフゲニー・グレブネフ社長によると、「Karat」は新製品の発売後、ロシアのセミハードチーズのトップ5メーカーに入る予定だという。特に、新工場の生産能力により、ヴィオレット・カールド・チーズのシェアが高まるでしょう。また、粒状カッテージチーズ「Karat Domashniy」の販売地域を拡大し、ロシアの全地域への配送を可能にします。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者カリーナ・カマロバ